現在の位置:金瀚會社金瀚會社について事前教育の指導方針

 

事前教育の指導方針

一、事前教育の內容

①日本語教育 全寮制教育3~6ヶ月。教育終了には日本語能力試験4~3級レベルに達する。 ②生活?就業教育 ●規律訓練を実施。規律の遵守を厳しく要求、団體意識を強める。 ●5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を徹底的に指導する。 ●日本の風俗、習慣、法律などの教育を行う。 ③體力強化訓練 毎日二回、1時間の體力強化訓練を行う。 ④専門技術訓練 受入企業のご要求に従って、候補者を國內同業工場に派遣し見學、実習を行う。

二、教育方法

①、 基礎知識を教える段階。この段階は日本語の発音、単語、文法など基礎知識を教える。 ②、 聞くと話しを強化する段階。この段階はカセットテープ、ビデオテープを使って聞く力をさせる。 同時に「実習生実用日本語會話」を基づいて會話を何回も繰り返し練習させる。 ③、 日本で実習や生活する場面を想像して會話する段階。 例えば空港、會社、病院、買物、教室、家庭訪問のときに良く使う言葉を先生と実習生、実習生と実習生 は一問一答の形で繰り返す練習する

三、事前教育の効果を高めるためには

①、當社の180人規模の教育センターで朝6:30から夜9:00まで全寮制の教育をする。 ②、基本的に教育時間が4ヶ月ですが、組合の要望があればは教育時間の延長もできる。 ③、事前教育擔當者は日本での研修や留學経験がある人。社長と副社長自ら毎週半日間研修生に教える。 日本人の先生も雇って教えております。 ④、奨勵金制度を設けている   ●事前教育終了する時にスピーチコンテストを実施する。一等奨500元、二等奨300元、三等奨100元の奨勵金 を與える。 ●日本での研修、実習期間中の日本語検定試験受検推進のため、3級合格者1000元、2級合格者2000元、 1級合格者3000元を奨勵金として支給する。 ⑤ 、二週間に一回実習生の學習、生活、性格などの評価を日本の組合に報告する。

上海快三和值大小计划